So-net無料ブログ作成

[渡辺美里・80年代アーカイブス2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里 [[80年代] 音楽・EPICソニー]

先日の当ブログのトピックスの「[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出」に沢山のアクセス、ありがとうございました!

今回は80年代に渡辺美里プロデュースに関わったコンポーザー(作曲家)である、小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸大江千里について少し書いてみたいと思います。(敬称略)

kosaka.jpg


当ブログでは、この3人が渡辺美里に提供した楽曲を全て無料で試聴できるように、私がよく利用している音楽ストリーミングサービス「Spotify」をリンクしました。このブログで紹介した全曲無料で試聴可能と鳴っています。また無料会員に登録すると一定時間内ならフル試聴できるのでオススメです。

Spotify_logo.jpg


この記事で紹介しているLPレコード・シングルレコード・シングルCDなどは全て私の所有品となっています。

この4人の共通点は、当時のEPICソニー(現・エピックレコードジャパン)の名プロデューサーであった、小坂洋二氏(現・ソニー系列のレーベル「パームビーチ」の 代表取締役社長)がプロデュースで、当時は「小坂組」と呼ばれていました。


EPIC25 1986~1990 GOLDEN 80's COLLECTION


ちなみに 小坂さんの元妻はTM NETWORKの作詞を担当していた、 彼らの代表曲「Get Wild」でのお馴染みのシンガー・ソング・ライターの小室みつ子 (別名: 西門加里)。


小室みつ子 - Actually As Always (2005年)


ちなみに小室哲哉と小室みつ子とはたまたま苗字が同じだけで血縁関係など一切ありません。この頃は小坂プロデューサーと小室みつ子さんは夫婦でした。ちなみに「西門加里」というペンネームは、ファンだった70年代を代表するシンガー・ソング・ライター、「カーリー・サイモン」からとったそうです。

20150511_1.jpg

(ネット配信番組「小室みつ子のGetWild」より、小室哲哉氏ゲスト出演時)


ただ、小室みつ子さんなどの当事者達のインタビュー記事を読むとたまたま哲ちゃんと同じ苗字なので、TM NETWORKのアルバム「GORILLA」(1986年)まではペンネーム「西門加里」を使用していたのに、夫でもある小坂洋二プロデューサーのアイディアで次のアルバム「Self Control」(1987年)からは本名の「小室みつ子」にした方が、同じ「小室」姓なのでFANKS(TMのファン)達にいろいろな憶測を持たせる方が面白いと意図的に本名を使ったいうのが真相らしいです。

GORILLA_Self.jpg

TM NETWORK - GORILLA (1986年) / Self Control (1987年)


この小坂洋二プロデューサーは「EPICソニー」の80年代黄金期の礎を作った方で、才能を見抜く名プロデューサーでもありました。(小室哲哉と小坂さんとは師弟関係で、のちの90年代・TKプロデュースのお手本にしていたと言われています)

当時サラリーマンだった佐野元春を見出し、当時の渡辺美里は秘蔵っ子という位置づけで、既にデビューしていた小室哲哉・ 木根尚登 (TM NETWORK)大江千里やまだデビュー前の岡村靖幸に楽曲を提供させていました。

ちなみに佐野元春と渡辺美里は、1986年5月20日の音楽イベント「EPIC SONY ダンス天国 ~ DANCE TO HEAVEN ~」(新宿ステレオホール)で佐野さんの「So Young」をデュエットしています。

20170228_0.jpg


1990年に佐野さんとのデュエット曲「Home Planet-地球こそ私の家」(TBS系列TV 宇宙プロジェクト トータルテーマソング)をリリースしています。

Home_Planet .jpg


「Home Planet-地球こそ私の家」 渡辺美里・佐野元春


この曲は、佐野・美里双方のベストアルバムにも収録されています。


渡辺美里 - Song is Beautiful (2010年)



佐野元春 - THE SINGLES EPIC YEARS 1980-2004 (2006年)


小室哲哉 (TM NETWORK)

最初は、「てっちゃん」こと、小室哲哉。渡辺美里の代名詞である、「My Revolution 」(マイレボ)の作曲を始め多くの楽曲を提供しています。マイレボの独自の転調を繰り返す、コード進行は「小室コード」と言われ、いわゆる90年代に一世風靡をした「TK サウンド」と言われた、ダンスミュージックを基調とした曲になる前の80年代の最大のヒット曲ではないでしょうか。

最近は、テレビで渡辺美里がMy Revolutionを歌唱する際は、よく共演していますが、古くは渡辺美里の20年続いた西武球場 (西武ドーム) コンサートの第1回目 (1986年) の時にサポートメンバーとして参加しています。

20160927_4.jpg

(詳しくは、「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」」をご覧ください)

[小室哲哉提供・シングル楽曲]
My Revolution / Teenage Walk / BELIEVE / 悲しいね / ムーンライト ダンス

misato_komuro.jpg



My Revolution」(マイレボ)は、当時のTBSの連続ドラマ「セーラー服通り」の主題歌となり、同ドラマ「~通り」シリーズの「痛快!OL通り」(主題歌「BELIEVE」/ 渡辺美里 [作曲: 小室哲哉])、「痛快!ロックンロール通り」(主題歌「RESISTANCE」/ TM NETWORK [作曲: 小室哲哉])と全ての主題歌を作曲しています。

RESISTANCE.jpg

TM NETWORK - RESISTANCE (1987年)


当時、渡辺美里(作詞)は小室哲哉(作曲)との組み合わせを「ゴールデン・コンビ」とよく言っていました。また、小室哲哉が当時MCをしていた番組「TK MUSIC CLAMP」でゲストに呼ばれた時も発言しています。(この番組の会話は書籍化されています)

misato_tk.jpg

(「With t―小室哲哉音楽対論〈Vol.2〉」より)


また、小室哲哉が作詞については渡辺美里の影響を受けた話や、渡辺美里からは「TM NETWORK」から「TMN」誕生 / 前夜秘話などもあり、FANKS!(TMファン)でもある私にとっては興味深い番組でした。また一部放送していたフジテレビのサイトに一部会話が活字化(With t―小室哲哉音楽対論〈Vol.2〉)されていますので、リンクしておきます。

misato_tk_1.jpg

With t―小室哲哉音楽対論〈Vol.2〉


小室哲哉 渡辺美里 - TKMC ARCHIVES NON EDIT TALK
http://www.fujitv.co.jp/TKMC/BACK/TALK/misato.html

ちなみに、渡辺美里のデビュー曲は小室哲哉作曲の「My Revolution」(マイレボ)と思っている方が多いですが、マイレボは4rd.シングルで、デビュー曲はケニー・ロギンス (Kenny Loggins)の洋楽カバーの「I'm Free (Heaven Helps the Man)」でした。

misato_im_free.jpg


1st. シングル「I'm Free」(1985年)


この曲のオリジナルは1984年の米ヒット青春映画「フットルース」(Footloose)の挿入歌でした。



美里が歌う「I'm Free」は、TBS系列のドラマ「スーパーポリス」のエンディング曲だったらしいのですが、当時は全く記憶にありません。前クールのドラマ「スクール☆ウォーズ」はドリフの「8時ダヨ!全員集合!」の流れで見ていたのは覚えています。80年代美里がこの曲に言及したり、ライブで歌唱したりしなかったので、デビュー曲は黒歴史だったのかと思っていました。

話は脱線しましたが、同じ小坂組 (レーベルメート)の「TM NETWORK」グループ自体の参加では、渡辺美里の3rd.アルバム「BREATH」(1987年)の「HERE COMES THE SUN (ビートルズに会えなかった)」などのコーラスに参加しています。



また、TM NETWORKはデビュー前に大江千里のアルバム「Pleasure」(1984年)、渡辺美里の2rd.アルバム「Lovin' you」(1986年)などにもコーラスとして参加しています。

20170708_1.jpg.jpg

(左: 大江千里 - Pleasure / 右: 渡辺美里 - Lovin' you )


大江千里の「Pleasure」は、当ブログ「[渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演」、渡辺美里の「Lovin' you」は「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」」で無料全曲フル試聴ができます)

宇都宮隆 (TM NETWORK)

また、TM NETWORKのvo.である宇都宮隆はバックコーラスとして、6rd.アルバム「tokyo」(1990年) の「Tokyo」 、



7rd.アルバム「Lucky」(1991年)の「タイムトンネル天国」にもウツはコーラスとして参加しています。



逆に、渡辺美里TM NETWORKの3rd.アルバム「GORILLA」(1986年)のコーラスとして参加しています。この頃は哲ちゃん作曲の渡辺美里の「My Revolution」がヒットし、TMの次作アルバム「Self Control」でブレークする前夜のアルバムで当時の勢いを感じます。



ただし、CD・LPのクレジット・ライナーノーツには「コーラス: 渡辺美里」の記載しかないので、正確ではないと思いますが、2曲目「Nervous」、3曲目「Passenger」、5曲目「You Can Dance」、6曲目「I Want TV」、7曲目「Come On Let's Dance」は美里の声がします。(情報をお持ちの方、ご教示して頂けると助かります)

そして、当時のTMと美里の貴重なニューヨークでのレコーディング様子はこちら。





余談ですが、TMN解散後の1995年にウツ(宇都宮隆)は90年代後半~2000年代前半に渡辺美里に多数の曲を提供していた、石井妥師 (石井恭史)と「BOYO-BOZO」(ボーヨ・ボーゾ)というユニットを組んでいました。

[石井妥師 (石井恭史) 提供・シングル楽曲]
メリーゴーランド / いつか きっと / チェリーが3つ並ばない / 世界で一番 遠い場所 / Promise / 荒ぶる胸のシンバル鳴らせ



(いつかきっと / チェリーが3つ並ばない)



(メリーゴーランド / 世界で一番 遠い場所)


当時私は美里絡みで石井さんの事は知っていたので、なかなかいいユニットだなと思っていました。世間的には石井さんの知名度不足で知る人ぞ知るユニットになってしまったのは本当に残念です。(結成した95年のみの稼動でした)


[BOYO-BOZO - GAMBLE☆JUNGLE (ACROBAT) ](1995年)


木根尚登 (TM NETWORK)

また、TM NETWORKのギター担当でもある木根尚登は、渡辺美里のデビュー・アルバム「eyes」(1985年)に小室哲哉、岡村靖幸、大江千里と同様に楽曲を提供しています。

アルバム名になっている名曲「eyes」の作曲を担当しています。

misato_eyes.jpg

デビューアルバム「eyes」(1985年)




木根さんは、2004年の西武ドームライブ「Misato Seibu Dome Blue Butterfly 19th」に「eyes」のゲストとして共演しています。

20180206_2.jpg



80年代では、4th.アルバム「ribbon」(1988年)に収録された「さくらの花の咲くころに」も「eyes」同様にメロディが美しい名曲です。



木根さん自身も、「木根尚登20周年記念ベスト提供楽曲集 キネメロ」(2012年)で「さくらの花の咲くころに」をセルフカバーしています。


(00:30 辺り~ さくらの花の咲くころに)


岡村靖幸

続きまして、「岡村ちゃん」こと、岡村靖幸。前出のてっちゃん同様に初期の渡辺美里の楽曲の多くを作曲しています。

[岡村靖幸提供・シングル楽曲]
Long Night / GROWIN' UP / 虹をみたかい

misato_okamura.jpg



岡村ちゃんは、雨で中止になった1989年の西武球場コンサート「SUPER Flower bed BALL '89」」の1日目にゲストとして共演しています。



特に2枚組みの2rd.アルバム「Lovin' you」ではほとんどの楽曲が小室哲哉と岡村靖幸の両氏に占められています。ちなみに10代のアーティストで最初に2枚組みアルバムを出した最初が渡辺美里でした。

misato_Lovin_You.jpg

2rd. アルバム「Lovin' you」(1986年)


なお、この2rd.アルバム「Lovin' you」は、2016年11月30日にリマスター盤がリリースされます、詳しくは当ブログの「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] Lovin' you -30th Anniversary Edition-、11/30発売!」をご覧ください。

80年代の渡辺美里を代表する曲(青春ソング)と言えば、デビュー前の岡村ちゃんが職業作曲家として初めて提供した、2rd.シングル「GROWIN' UP」(1985年)のでした。

20170228_1.jpg

(GROWIN' UP ミュージックビデオより)


コーラスも今となっては豪華で、TM NETWORK & 岡村靖幸



そして私のお気に入りの岡村靖幸のシングル提供曲はオリコン1位で獲得した、「虹をみたかい」(岡村ちゃん自身もコーラスに参加している)と



虹をみたかい」は、渡辺美里本人出演のマクセルのカセットテープのCM曲にもなっておりご存知の方も多いかと思います。当時の購読していたFM雑誌の広告が残っていました。

misato_maxell.jpg

日立マクセル (画像をクリックすると、1024*631サイズで拡大します)

この時のみさっちゃんは、キレキレでカッコよかったですね・・・。岡村ちゃんは復活したのに。(当時のCMが某動画サイトにありますので、検索してみてください)

m_misato_maxell_cm.jpg.jpg


私のいちばん好きな曲は、「[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出」で記載した「Lovin' you」です。動画サイトで岡村ちゃんご本人がピアノを弾いて歌っている動画を見たことがあります。



岡村ちゃんとの貴重な共演時の写真など、「[渡辺美里・80年代アーカイブス6] 岡村靖幸提供曲、岡村ちゃんとの関係は黒歴史?」で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

大江千里

最後、前出の渡辺美里と小室哲哉のコンビが「ゴールデンコンビ」と言われたのに対して、大江千里との組み合わせは、「プラチナコンビ」と言われていました。

[大江千里提供・シングル楽曲]
すき (Apricot Mix) / 10 years

misato_senri.jpg



「マイレボ」が世間的に「名曲」と言われていますが、「裏・名曲」と言えるのが大江千里作曲の「10 years」ではないでしょうか。シングルカットやUCCの缶コーヒーのCMタイアップ曲ということもありましたが、「戦後最大のポップアルバム」と銘打たれ、4th.アルバム「ribbon」のラストトラックとなっており、流行でこのアルバムを聴いた特に美里のファンでは無いという人でもこの曲が好きという人は多かったと記憶しています。



ちなみに2003年の西武ドームライブ「100% MISATO 〜orange 18th〜」と最後の西武となった、2005年の「MISATO V20 スタジアム伝説 〜最終章〜 NO SIDE」に「10 years」のゲストとして共演しています。

20180206_1.jpg

(左: 2003年・V18 / 右: 2005年・V20)



千ちゃんは、哲ちゃん(TM NETWORK)、岡村ちゃんよりもデビューが早く、音楽的キャリアも違う(既に売れていた)のでこの二人とは違った落ち着いた楽曲(「eyes」収録の「悲しいボーイフレンド」など)が多かったように思います。

20170224_10.jpg

(音楽雑誌「PATi・PATi」 表紙: 美里と言えば夏の西武球場でしたが、千ちゃんも「納涼千里天国」を西武で行っていましたね)


楽曲を提供した「すき」では、大江千里自信がコーラスにも参加しています。

また渡辺美里自身、大江千里のヒット曲「格好悪いふられ方」などデビュー当時から大江千里のアルバムに多数コーラス (デュエット) として多数参加しています。小室哲哉も複数の曲をアレンジ(編曲)参加しています。

・「AVEC」(1986年) - 「本降りになったら」(デュエット)
・「OLYMPIC」(1987年) -「小首をかしげるTシャツ」(コーラス)



・「1234」(1988年) -「ジェシオ'S BAR」(コーラス)



・「HOMME」(1991年) -「格好悪いふられ方」(コーラス) /「COWBOY BLUES」(コーラス)



最近は、ソニーミュージックのサイトに千里くんが伴奏で、美里が「10years」を歌う動画があるので、リンクを張っておきます。

渡辺美里 with 大江千里 チャリティコンサート in NYC
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/misato/charity/

Sony Music Shop


伊秩弘将

世間的には、90年代に一世風靡する「SPEED」のプロデューサーとしてブレークした「伊秩弘将」も楽曲提供しています。

[伊秩弘将提供・シングル楽曲]
IT'S TOUGH / BOYS CRIED (あの時からかもしれない) / 恋したっていいじゃない

misato_izuchi.jpg



伊秩弘将は、3rd. アルバム「BREATH」(1987年)からの参加となります。

misato_breath.jpg

3rd. アルバム「BREATH」(1987年)


よく勘違いしている方が多いんですが、「恋したっていいじゃない」の作曲はこの「伊秩弘将」です。

20180102_2.jpg

(ICE BOX: 左から、中西圭三、伊秩弘将、池田聡、吉岡忍 / 伊秩弘将)


しかし、バックコーラスの「D・A・T・E」を岡村ちゃんが歌っているので、「岡村靖幸」作曲と勘違いした方が多いと思われます(苦笑)



ちなみにこの曲は、渡辺美里本人が出演していたUCC缶コーヒーのCMソングでした。当時このテレフォンカード(テレカ)を当てるために、散々甘いコーヒーを飲み続けてましたね(苦笑)

misato_tereka.jpg

UCC上島珈琲オリジナル・テレフォンカード


また、このUCCのCM曲になっていた「センチメンタル カンガルー」のリードのギターと作曲は、世間的には松たか子の夫として認知されている、美里ファンにはお馴染みの「佐橋佳幸」、そしてホーンアレンジは平松愛理 の元夫「清水信之」。

当時アルバムに入らなかった、TBS系テレビ「世界・ふしぎ発見!」テーマ曲だった「君の弱さ」も佐橋さん作曲。

[佐橋佳幸提供・シングル楽曲]
センチメンタル カンガルー / 君の弱さ


20170224_0.jpg



佐橋さんはツアーのバックバンド(MISATO & THE LOVER SOUL)のメンバーもつとめておられました。

20170228_2.jpg


[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出」にも書きましたが、佐橋さん・清水さんは、美里の母校でもある東京都立松原高等学校の先輩です。

misato_sahashi.jpg

(左から、清水信之・EPO・佐橋佳幸・渡辺美里)

(名曲のかたわらに サハシあり~ギタリスト佐橋佳幸・30周年記念公演より)


----

十数年前に最初のホームページを作成した際に、小坂組 (小坂洋二プロデュース)の4人を共演させようという動きがあり、当時私もこの企画に賛同していました。(今は当時いただいたgifファイルしか残っていなく、この企画を進めていたホームページも閉鎖されているようです)

misato_4.jpg


小坂組の4人はテレビ・ラジオ・ライブ等でおのおの共演([渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演)していますが、小坂組全員での共演は2015年現在未だ実現していないと思います。(管理人調べ)

[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出」で書いた2003年に行われたエピックレコードジャパン創立25周年記念イベント「LIVE EPIC25」でこの4人が初共演という機会があったんですが、岡村ちゃんがまさかのて覚せい剤取締法違反で逮捕・・・。

この時に「恋したっていいじゃない」の歌唱があり、あの「D・A・T・E」のコーラスも幻に。


[DVD] LIVE EPIC25


20160515_7.jpg

( 出演順: 大江千里 ~ TM NETWORK ~ 渡辺美里 )


ちなみに、大江千里が「YOU」「REAL」「十人十色」、TM NETWORKが「Be Together」「Get Wild」「Self Control」、渡辺美里が「きみに会えて」(ピアノ伴奏・小室哲哉)「My Revolution」(ピアノ伴奏・小室哲哉)「恋したっていいじゃない」「10years」を歌っています。

20150511_2.jpg

(哲ちゃんの伴奏で、「きみに会えて」を歌唱)


渡辺美里のデビュー30周年イヤーである今年2015年に何らかの動きがあるのかなとかなり期待していたんですが、先日リリースされた渡辺美里デビュー30周年記念オリジナルアルバム「オーディナリー・ライフ」というアルバムで、80年代のコンポーザーからは大江千里、木根尚登(TM NETWORK)、伊秩弘将からの楽曲はあったようです。

しかし、30周年記念オリジナルアルバムなのにデビュー当時から渡辺美里に多くの楽曲を提供していた、哲ちゃん(小室哲哉)・岡村ちゃん(岡村靖幸)の提供楽曲は全く無く、80年代の頃が好きだった元ファンの私としては残念な気持ちになりました・・・。


19th.アルバム「オーディナリー・ライフ」(2015年)


もし、この二人が参加していれば、数十年ぶりにオリジナル・アルバムを買ってみようかなと思っていたのですが、残念・・・。

その3」([渡辺美里アーカイブ] CD音源リマスター・ハイレゾについて【その3】)へ、続きます。

※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。また掲載した私が所有しているCD・レコード、書籍等の写真は他のサイト・ブログ、各SNS等への転用・引用は一切しないようお願いいたします。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!
■渡辺美里: 80・90年代アーカイブス関連の記事
 ・[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出
 ・[渡辺美里・80年代アーカイブス3] CD音源リマスター・ハイレゾについて
 ・[渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK(小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登)、大江千里 夢の共演
 ・[渡辺美里・80年代アーカイブス5] Lovin' you -30th Anniversary Edition-、11/30発売!
 ・[渡辺美里・80年代アーカイブス6] 岡村靖幸提供曲、岡村ちゃんとの関係は黒歴史?
 ・[渡辺美里・80年代アーカイブス7] BREATH -30th Anniversary Edition- ??

 ・[渡辺美里・90年代アーカイブス番外編] 小林武史(MY LITTLE LOVER)との音楽的関係性

2016.04.21 加筆・修正
2016.10.05 トピック名修正
2016.10.18 加筆・修正
2016.11.18 加筆・修正
2016.11.18 音楽ストリーミング配信サービス「Spotify」のリンク追加
2017.02.12 加筆・修正
2017.02.24 加筆
2017.03.05 加筆・修正
2017.04.06 加筆・修正
2017.05.09 加筆・修正
2017.05.18 加筆
2018.02.06 加筆・修正

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0