SSブログ
前の3件 | -

[後継マウス] ロジクール M560からM705m へ買換えました! [Windowsパソコン・iPad・環境構築]

マウスを「ロジクール ワイヤレスマウス M560」から最新の「ロジクール マラソンマウス M705m」へ買換えました!

20200712_1.jpg

(左: Logicool Wireless Mouse M560 / 右: Logicool Marathon Mouse M705m)



(ロジクール マラソンマウス M705m)


■ロジクール ワイヤレスマウス M560、チャタリング発生 (動作不良) か?

2015年から使っていた、「ロジクール ワイヤレスマウス M560」(ホワイト) のサイドボタンが利かなくなり、予備で購入していた同じM560も2か月程度で同じ場所のサイドボタンが利かなくなる、しかもスクロールホイールが出来ないというチャタリングが出る不運・・・。

20200712_2.jpg

(左: 5年使って黄ばんだM560 / 右: まだ見た目は新品状態のM560)


スクロールホイールのチャタリングについては、エレコムのエアダスターでホイール近辺を拭いたらホコリや糸くずが排出され直しました。しかし、サイドボタンにも拭いてみましたが直らず…。


(エレコム ノンフロン仕様ダストブロワーECO ADECOM 1本)


■マウス (ロジクール M560) を分解修理する

2台のM560はもう3年間無償保証も切れているので思い切って分解してました。分解は精密ドライバーで行います。


(E-Value 精密ドライバーセット 6本組 -1・-1.2・-1.6・+00・+1mm ED-20)


ネジは以下の四ヶ所です。(上部、足のシート2枚を外す、下部のシールをめくる)

20200712_3.jpg


サイドボタンの内部に呉のコンタクトスプレー (接点復活材) を少量付けてキッチンペーパーで磨いてみました。


(KURE(呉工業) コンタクトスプレー(300ml) 接点復活剤 1047)


20200712_4.jpg

(スイッチ部は隙間に精密ドライバーを刺し外します)


20200712_5.jpg

(黒いケースと白いスイッチは紛失しないように気をつけます)


20200712_6.jpg

(銅板の接点部に接点復活材を付けて、小さく切ったキッチンペーパーなどで磨きます)


しかし、チャタリング (接触不良) ではなく、2台とも物理的な故障らしくあえなく撃沈・・・。

■ロジクール マラソンマウス M705mをAmazonで3,800円で購入

M560同様のサイズ感とGoogle Chromeのタブ操作用のショートカットを7ボタンにキーストロークを割り当てて使用できる事が決めてになりました。

20200712_7.jpg


私は毎日Google Chromeの起動時に約50サイトほどのタブが開き、全て操作ショートカットをマウスのボタンに設定しているので7ボタン使用できるのが前提でした。
(Ctrl+W タブを閉じる / Ctrl+Tab タブの移動 / Ctrl+F5 強制の再読み込み / 戻る)

■ M560とM705mの比較

20200712_8.jpg

(左: Logicool Wireless Mouse M560 / 右: Logicool Marathon Mouse M705m)


・M705mの良かった点

比較すると幅・高さが少し大きくなり、M705mはずんぐりむっくりしていてホールド感は向上していると感じました。

20200712_9.jpg


20200712_10.jpg


20200712_15.jpg


人差し指と中指を置く部分に少しくぼみがあるのもいいです。

20200712_11.jpg


マウスのボタンなどカスタマイズするソフト「Logicool SetPoint」が進化し、「Logicool Options」になりました。従来はUnifyingレシーバー (USBレシーバー) とマウスと接続設定する専用ソフト「Logicool Unifying Software」が必要でしたが、このLogicool Optionsに含まれたようです。

20200712_20.png

(左: Logicool Options / 中: Logicool SetPoint / 右: Logicool Unifying Software)


20200712_17.jpg

(Unifyingレシーバー 左: M560 / 右: M705m)


Logicool Optionsでは、マウスの各ボタンに設定したショートカットなどロジクールのクラウド上に自動的に保管され、パソコンを替える度にマウスの設定をしなくてもすぐクラウドからリストア出来るので利便性も上がっています。

20200712_14.jpg


また内蔵する単三電池が1本から2本になったことで、電池寿命が18か月から36か月に伸びました。

20200712_16.jpg


・M705mの残念な点

M560ではホイール下のボタンに「Logicool SetPoint」で「キーストロークの割当」でDELETEキーを割当て使っていたので、Becky! Internet Mailなど不要メールの削除などとても便利でした。

20200712_13.jpg


購入前にロジクールのコールセンターに問い合わせ、M705mもホイール下のボタンに同様に「Logicool Options」で「キーストロークの割当」が出来るかと質問したところ、"出来ます"と回答がありました。

しかし、M705mではホイール下のボタンは高速スクロール機能のON/OFFの切替スイッチで、「Logicool Options」での設定は不可でした。(M560では、ホイールを押し込んでの高速スクロール機能のON/OFFスイッチでした) 

20200712_19.jpg

(出典: ロジクール 取扱説明書)


一応、M705mも「Logicool Options」でホイールを押し込む動作に「キーストロークの割当」は出来ますが、正確に垂直に押し込まないとうまく動作しないのでストレスになり諦めました。M560でホイール下のボタンに「キーストロークの割当」を行っていた方はご注意ください。

20200712_12.jpg


■まとめ

M705mは上記の高速スクロール機能のON/OFFの動作スイッチの場所が変更された点を除けば、フィット感もよくとてもいいマウスです。

M705mは、旧モデルのM560を使っていた方にはおすすめのモデルだと思います。(出来ればM560同様にホワイトカラーも欲しかったですが)


(ロジクール マラソンマウス M705m)


現在AmazonでM560はマケプレ購入可能ですが、発売からかなり年数が経っているので保管状態によってはホワイトは黄ばんでいる可能性もあるので、わざわざ古いモデルを転売価格 (4,780円) で買う必要はないかと思いました。(2015年の購入価格は、2,001円でした)

20200712_22.png

(2020/07/12 現在)


また、マウスのメンテナンスに今回紹介したエアダスターなどがあると普段の手入れ、メンテナンスやチャタリング対策に役に立ちます。

20200712_18.jpg


自己責任で分解してチャタリング対策したい方は、精密ドライバーやトルクドライバー、接点復活材があるといいと思います。M560は精密ドライバー、M705mはトルクドライバーで分解可能です。(保証期間内の分解については自己責任でお願いいたします)

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

nice!(0)  コメント(0) 

[USBファン] 外付け2.5インチHDDの冷却を工夫してみました [Windowsパソコン・iPad・環境構築]

5月に入り室温が20度を超える日も多くなり、ノートPCに接続している外付けHDD (2.5インチ) の温度が50度に達する事も多くなり、USBファンを使って冷却してみました。作業方法を忘備録としてまとめました。

20200512_a.jpg


20200512_b.jpg


(前はアイスのおまけに入っている小さい保冷剤をHDDケースの上に置いてましたが結露が発生しHDDにダメージが発生すると知り止めました)

[2.5インチ・外付けHDDの使用状況ついて]

2.5インチHDDケースはInateck製のUSB3.0ハブが内蔵されてる「EF2007」を使用し、HDD温度監視は、フリーソフト「CrystalDiskInfo」(HDD/SSDの健康状態をチェック) を常駐しています。データ類はデータ類は全て2TBの外付けHDDに入れているので常にHDDが稼働している状態です。(ノートPC本体のSSDはOSとソフトのみ)

20200512_01.jpg

(Inateck 2.5インチ USB3.0 HDDケース EF2007)


夜はWindowsソフト「Air Video Server HD」(メディアサーバーソフト) を使ってパソコン内 (外付けHDD) の動画を無線LAN (Wi-Fi) 経由で寝室でiPhoneやiPadでストリーミング再生していることが多いので、夜も常に外付けHDDが動いている状態なのでとても熱を持ちやすいです。

[2TBの内蔵HDDの発熱量はかなり高い]

以前東芝の1TBの内蔵HDD (MQ01ABD100) を使用している時は、2.5インチHDDケースの裏面に3M製のクッションゴムを付けてケースの熱が机に伝わりにくくしていたので、真夏にたまに50度に達する程度でした。

20200512_02.jpg



(3M しっかりつくクッションゴム 8x2mm 台形 22粒 CS-04)


現在、ウエスタンデジタルの2TBの内蔵HDD (WD20SPZX) に換装してから発熱量が増えて、電源を入れて1時間位でHDDケースのフタを外さないとすぐに50度の注意アラートが上がっていました。

20200512_03.jpg



(Western Digital HDD 2TB WD Blue PC 2.5インチ 内蔵HDD WD20SPZX)


[USBファンのチョイス・選択]

最初はAmazonで高評価の国内メーカー・ニコーのUSBファンをAmazonで購入しようかと考えていましたが、事務机に付けられるようにクリップ部に強力磁石 (マグネット) がHDDに悪影響が出るリスクもあるので断念。



いろいろとAmazonレビューをサクラチェッカーで調べ、今回タイムリー (TIMELY) のUSBファンBIGFAN120U-FOOT」(BIGFANシリーズ) を購入しました。

20200512_04.jpg



(タイムリー USBファン [ 振動吸収ゴム脚(8個)搭載 ] BIGFAN120U-FOOT)



USBファン「BIGFAN120U-FOOT」のサイズは、縦 12.9cm・横 12.9cm・幅 5.3cmです。ファン本体の幅は2.4cm、ゴム足の直系は2.5cm、高さは1.5cmでした。詳しい仕様については、BIGFANシリーズ公式サイト (https://www.big-fan.net/) でご確認ください。

20200512_05.jpg


[2.5インチ外付けHDDをUSBファンで冷却する]

3.5インチのHDDを載せるサイズなので、2.5インチのHDDケースはこのようにゴム足で挟むようにしました。

20200512_06.jpg

(HDDケースの大きさ: 縦 8cm・横 14.5cm・幅 1.5cm)


ゴム足を含めたUSBファン本体の高さが5.3cmと腰高でノートPCの裏側に置いた時にふたに干渉してしまうため、USBファン下部の土台ゴムは外し、強力両面テープでUSBファン・ファンガード・スペーサーゴムのみ固定しました。(付属のねじは奥まで閉まらない、ネジ頭が机に干渉する為使用していません)

20200512_12.jpg


20200512_07.jpg


20200512_10.jpg


また、HDDケースが直接ファンガードの金具に触れないよう (共振防止) に前出の3Mのクッションゴムの取付位置を調整しました。

20200512_08.jpg


2.5インチHDDケースに接続しているUSBケーブル (A-MicroB) については取付位置が高くなり、取り回しがきつくなったのでサンワサプライのマイクロケーブル (KU30-AMCSS05) に交換しました。

20200512_09.jpg



(サンワサプライ USB3.0マイクロケーブル(A-MicroB) 超ごく細 0.5m ブラック KU30-AMCSS05)


[冷却効果でHDD温度が36度前後で安定]

ノートPCの電源投入後にUSBファンは「弱」で使用していますが、室温26度でHDD内温度は36度前後でほぼ一定しています。

20200512_14.jpg


20200512_11.gif


また、気になる音ですがノートPC内蔵のCPUファンより少し大きい位という感じで、深夜帯のあまり気にならず常時運転している空気清浄機の音程度でした。

音が気になる場合はUSBファンを切った状態で、HDD内温度が45、6度になってもUSBファンを使えば数分で40度以下に下がりました。

[結論: タイムリーのUSBファンは静音で冷却能力が高い]

国内メーカー・タイムリー (TIMELY) のUSBファン「BIGFAN120U-FOOT」(BIGFANシリーズ) については大満足です。最初ちょっとサイズが大きいかなと思いましたが、うるさい中華製の小さいUSBファンより品質の高い国内メーカーの高径のUSBファンの低速動作の方が静音で冷却能力が高いと思いました。


(タイムリー USBファン [ 振動吸収ゴム脚(8個)搭載 ] BIGFAN120U-FOOT)


また、Amazonは中華製のUSBファンが多数出品されていますが、高評価のレビューの製品をサクラチェッカーで確認するとさくらレビューばかりなので購入前に確認された方がいいと思います。

2.5インチの外付けHDDの高温に悩まれるている方、参考になれば幸いです。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

nice!(0)  コメント(0) 

[Nゲージ新刊] 鉄道模型 Nゲージ大図鑑 2020 (ネコ・パブリッシング) [Nゲージ]

毎日、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にたくさんのアクセス、ありがとうございます!!

現在、たくさんアクセスを頂いている、「でんしゃでGo!Nゲージ入門ガイド」内の「Nゲージ総合カタログの購入方法」の内容を更新しました。

鉄道模型Nゲージ大図鑑 (Nゲージ・ニューモデルズ) について」に2020年3月3日発売の最新刊「鉄道模型 Nゲージ大図鑑 2020」を追加いたしました。

鉄道模型 Nゲージ大図鑑 2020 (ネコ・パブリッシング)



【発売日】
 2020年3月3日

【仕様・発売日】
 A4変形国際判・税込 1,980円

【主な内容】
鉄道模型の総合情報誌・月刊『RM MODELS』誌上で過去1年間に紹介した鉄道模型新製品の中から、日本国内向けNゲージ関連製品だけをギュッと凝縮した一冊です。

2019年も堂々のラインナップ展開を見せたニューアイテムカタログは見応え抜群。
そのほか有名情報サイト集計による「モデル・オブ・ザ・イヤー」発表をはじめ、レイアウト訪問のコーナーや、メーカー担当者に聞く昨年の展開と今年の展望、また鉄道模型を楽しむ有名人を訪ねるシリーズでは「SUPER BELL"Z」野月貴弘さんにご登場いただきました。

見て・読んで楽しめる記事が満載、メーカーの枠を超えた鉄道模型カタログとして、2019年のNゲージ界を振り返る資料として、幅広くご活用いただける一冊です。



【特集】
・SUPER BELL"Z 野月貴弘 西イケで遊びまくる!!
・メーカー担当者に聞く 昨年の展開と今年の展望
・NGI モデル・オブ・ザ・イヤー 2020
・A Train in Scenes RMM誌面を飾った名シーンから
・~常磐線全通への願いを託した~ 東常磐越鉄道

【NEW MODELS】
・蒸気機関車 ベーシック編/エキスパート編
・電気機関車 ベーシック編
・ディーゼル機関車 ベーシック編/エキスパート編
・電車(国鉄・JR)ベーシック編/エキスパート編
・電車(私鉄)ベーシック編/エキスパート編
・鉄道コレクション
・気動車 ベーシック編
・客車 ベーシック編/エキスパート編
・貨車 ベーシック編/エキスパート編
・トミーテック 1:150 コレクタブルアイテム
・バラエティ ベーシック編/エキスパート編
・パーツ&アクセサリー
・鉄道コレクションパーツリスト

ほか
                         
バックナンバーの紹介・購入は、当ホームページ「外房雑記録」内、「でんしゃでGo!はじめての「Nゲージ」(鉄道模型) 入門ガイド」をご覧ください。

2017_n_logo.jpg

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイドです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ 鉄道コム もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。